オンラインカジノの運営ライセンスの制度

オンラインカジノの運営ライセンスの制度

オンラインカジノはライセンス制度に加え、ライセンスを取得したあとも監査機関による厳しいチェック体制が設けられています。

ライセンス制度を設けることで、政府が認めたオンラインカジノということで、プレイヤー側も安心して利用できるようです。

ライセンスの取得の難易度

ライセンスは発行する場所によって難易度が変わります。

オンラインカジノのライセンスを発行している国は、世界中に20箇所以上あるのですが、全ての国や政府が同じ条件で審査をしているわけではないのです。

しかしそんな中、最高レベルの取得難易度を誇ると言われるオンラインカジノのライセンスを発行され、オンラインカジノで遊ぶときは、運営会社がどの運営ライセンスを取得しているか確認すると安心してプレイができます。

オンラインカジノの運営ライセンスとしては、イギリスのUKライセンスの、マルタゲーミングオーソリティー、マン島のlsle of man、ジブラルタルのGbraltar、オランダのCURACAO EGAMING、オルダニー島のAlderner、フィリピンのPAGCORです。

取得の難易度に関しては、大手の企業や上場企業でも取得が難しいと言われています。

運営ライセンスとは

運営ライセンスとは

合法的に運営されているオンラインカジノは、国や政府、それに順ずる機関が発行する運営ライセンスを取得する必要があります。

ライセンスを取得するには運営体制のチェックや、プレイヤーの保護など、厳正な審査を通る必要があり、取得したあとも政府によって監視されています。

チェックされるのは、経営者の背景やプレイヤーの資金の管理体制、プレイヤーデータの管理体制、ゲームの公平制、ギャンブル依存症対策、マネーロンダリング対策です。

仮に、不正が認められばライセンスが剥奪されてしまいます。

運営ライセンス制度によって、オンラインカジノが常に監視されているからこそ、安心して遊ぶことができるようです。

ライセンス取得後も定期的な監査チェック

ライセンス取得後も定期的な監査チェック

オンラインカジノは、ライセンスを取得すればそれで終わりというわけではなく、定期的に監査機関の監査が入っています。

ライセンスを取得したあとも、しっかり運営しているかどうかライセンスの取得後も運営を監視するためのシステムがあります。

そのための外部の監査機関があり、オンラインカジノに関する基準を設けています。

また、審査はとても厳しようです。

さらには、細かい審査項目に沿って審査をされているようです。

オンラインカジノを取得したあとにチェックする代表的な機関としては、イーコグラやTSTがあります。

まとめ

オンラインカジノの運営ライセンスはさまざまなところで発行され、取得の難易度も難しいということが分かりました。

また、オンラインカジノのライセンスはプレイヤーが安心して遊ぶことができるように考えられていると言えます。

さらに、監査機関が定期的にチェックを入れ、ライセンス取得後も監査をしているということも分かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です