ベラジョンカジノの違法性について

ベラジョンカジノの違法性について

ベラジョンカジノに「興味はあるけど怖くて登録できない」とあなたが思っているかもしれないと思っているかもしれません。

ですので、今回は「ベラジョンカジノの違法性」について説明していきたいと思います。

オンラインカジノの関連した事件

オンラインカジノの関連した事件

まず、日本国内で金銭を使って賭け事を行うと「賭博法」に問われることになります。

オンラインカジノに関連した事件は、過去にあり、逮捕者も出ています。

「それならば、ベラジョンカジノも違法?」と思われる人もいると思いますが、今までのオンラインカジノに関連した事件には「共通した特徴」があります。

オンラインカジノに関連した事件で有名なもので、日本国内でインターネットカフェなどを装って客に賭け事をさせていた店が検挙された「インカジ検挙」や大阪の男性ら5人がインターネット上でオンラインカジノを運営していたことで捕まった「ドリームカジノ事件」、オンラインカジノの入出金に使われる決済サービスを運営していたことで捕まった「NetBanQ事件」などがありました。

その中でも「オンラインカジノは違法ではない」という確信ができた事件が「スマートライブカジノ事件」です。

事件のおおまかな内容としては、海外のオンラインカジノであるスマートライブカジノでプレイしていた男性ら3人を「単純賭博法の容疑」で逮捕しました。

逮捕の決め手になったのが、SNSやブログなどのID付きの画像を上げていたためだそうで、そのうちの2人は、略式起訴を受けて、罰金を払い、罪を認めました。

しかし、残りの1人が起訴を不服として、裁判で争う姿勢を見せました。

結果としては、検察はこの男性を「不起訴」にしました。

逮捕されれば「99%が有罪になる日本」では、珍しいことかもしれません。

当時、オンラインカジノ利用者が起訴された初めての事件だったので、注目度も高かったようです。

この事件については、こちらに詳しくまとめてありますので参考にして下さい。

 

ベラジョンカジノの違法性

ベラジョンカジノの違法性

ベラジョンカジノが違法性がないという理由はいくつかあります。

1つめは「日本国内で運営していない」ことです。

これが一番重要になってくるのではないかと思います。

日本国内では、胴元とプレイヤーが存在して、初めての賭博罪が成立します。

そのため、先程説明した「NetBanQ事件」は、逮捕されました。

ベラジョンカジノは、決済サービスも運営会社もすべて海外を拠点としています。

 

2つめは「日本に取り締まる法律が整備されていない」ことです。

日本では、法律を適用する場合、あらかじめ「法律に明記されていないといけません」。

オンラインカジノを裁く法律はないのが現状です。

そのため、日本国内でオンラインカジノをすることは「ホワイトに限りなく近いグレー」なのです。

まとめ

ベラジョンカジノの違法性について説明してきました。

ベラジョンカジノは、日本国内で運営されていませんので、日本の警察が胴元を逮捕することができませんし、また日本にオンラインカジノに関する法律がないので、ベラジョンカジノをプレイすることは、違法ではありません。

しかし、オンラインカジノで逮捕者が出ているということだけは、頭に入れておいて、プレイする方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です